2019年05月14日

2019年度 中部学鉄連合同新歓に参加しました

10連休?そんなのあったね。喫茶店のせがれです。先日5月12日に開催された中部学鉄連の新歓に参加しました。
今回の貸切は三重県北部を走る三岐鉄道さんで貸切列車と車庫の見学会を行いました。
まずは保々駅から西藤原駅に貸切列車を運行します。使用車両は西部赤電塗装の車両です!
IMG_3971.JPG

車内でクイズ大会などを行いつつ、西藤原に到着。ここで特別に幕回しを行うことに。貴重な行き先を見ることが出来ました。
IMG_4019.JPG

西藤原から保々に戻り、続いて車庫見学を行います。
車庫の方から機器等の説明を受けます。機関車の走行機器、しかも釣りかけ式のものを間近に見れる機会はそうそうないですね。大きさに圧倒されます。
IMG_4157.JPG

IMG_4173.JPG

続いてトラバーサーの稼働実演を見学。これも貴重なんですよ(^^;)
IMG_4117.JPG

そして機関車の内部見学へ。デッキに上がり、運転台に入ります。ノッチ等普通の車両とはやはり違いますね。
IMG_4185.JPG

IMG_4194.JPG

最後は撮影会です。なんと西武カラーの2編成が並びました!!幕も回してもらいました。三岐鉄道さんありがたや。
IMG_4295.JPG

IMG_4334.JPG

(あれ、今回西武の見学会?)
IMG_4336.JPG

三岐線の貴重な幕です。
日がかなり傾くまで楽しむことが出来ました。引率する自分がなんだかんだ一番楽しんでたような(^^;)
三岐鉄道さんありがとうございます!!
新歓の興奮冷めぬまま家路についた喫茶店のせがれでした。

余談ですが三岐鉄道さんのきっぷはまさかの硬券。近鉄名古屋までの連絡切符を買い、硬券で名古屋に行けます(というのを新入部員に教えてもらったんです)

三岐鉄道さんのホームページ
https://www.sangirail.co.jp/
posted by 名古屋工業大学鉄道研究会 at 13:45| 活動報告

2019年05月11日

鉄道模型の運転会を行いました

なんだかんだで大学生活も6年目(※留年ではない←ここ重要)、Y.Kです。

例年ゴールデンウィークには丸栄百貨店で行われていた鉄道模型展、更にここ数年は岐阜シティタワー43で行われるぎふ鉄道博物館に参加していたのですが、丸栄百貨店は昨年6月で閉店、ぎふ鉄道博物館は10連休の影響で運搬車両の確保が困難ということで、今年は参加するイベントが無くなってしまいました。

ということで何かしら連休中にやりたいよねという話になった結果、今回の運転会を実施することになりました。

20190509 (31).JPG

まずは多数派のNゲージから、現在の中央線の主役、E353系と383系の並び、更に隣には先代「しなの」381系、初代「しなの」キハ181系も見えます。

20190509 (11).JPG

2012年まで上越新幹線で活躍していたオール2階建てのE1系新幹線、工大祭までに室内灯を導入したいですね。

20190509 (146).JPG

??? このような編成が組めるのも模型ならでは、めっきり減ってしまった国鉄型車両です。

IMG_2879.JPG

次にメルクリンHO、新型車両を導入しました。ドイツの187型電気機関車と特急客車です。187型は貨物用の機関車ですが、ほぼ同一の外観を持つ旅客用の機関車がいるので、客車を牽く姿も様になります。サウンドデコーダーを搭載しており、走行音を出しながら運転を楽しむことができます。

20190509 (378).JPG

こちらは蒸気機関車。53型と呼ばれるドイツの機関車で、マレー式を採用した3軸+4軸の動輪が特徴的で迫力のある車両ですが、残念ながら設計のみで実現しなかった幻の機関車です。
メルクリン蒸気機関車の大きな特徴は、写真でも分かるとおり煙を出しながら走行できる所です。煙の排出には専用の装置を取り付け、特別な液体を入れる必要があるのですが、近年の製品の多くは、最初から排出装置が取り付けられているようです。

20190509 (302).JPG

最後はOOゲージ、コツコツと集めてきた結果、英国型車両が増えてきました。この写真に写るHSTと47型ディーゼル機関車はDCCサウンド搭載です。

20190509 (85).JPG

イギリス国鉄7F型蒸気機関車とサザン鉄道700型蒸気機関車の重連走行、10両以上の編成となるとNゲージでも結構存在感があるのですが、やはり16番ゲージとなるとその迫力は桁違いです。広い講義室を使うからこそ、このような長大編成も余裕を持って楽しめます。

今年の新入生は模型を所持している部員が多く、今年の工大祭は昨年以上にバラエティ豊かな車両を走行させることが出来そうです!
posted by 名古屋工業大学鉄道研究会 at 20:58| 活動報告